防水工事を安くするコツ

kotsu

防水工事を少しでも安くしたい!
でも露骨な値引き交渉は気が引ける・・

その気持ちは当然です。
防水業者さんに安く、しかも気持ち良く、防水工事を請けてもらえる方法があります。
その方法は「自分の予算を正直に伝えること!」です。

えっ!そんなこと?
はい、そんなことなのです。

あなたがもし、予算を伝えなかったら・・どうなるでしょうか?
防水業者さんは5年、10年保証を付けることを前提に防水工事をします。
従って、少しでも品質の良い、より耐久性の高い防水層を作るために、最高の材料、工法を使った見積もりを考えます。もし、保証期間内に不備があれば、防水業者さんの責任になりますから当然です。従って見積金額も高めになることが予想されます。

しかし、あなたが最初に予算を伝えておくと、当サイトがご紹介する優秀な防水業者さんは、予算内で最高の品質、工法を吟味して、精一杯の見積もり・提案をして頂けますから、思い切って予算を先にお伝えする事をおすすめします!

「でも・・相場がわからないから、予算も出せない!」
おっしゃる通りです。確かに防水に関しては、使う材料や、工法、現状の状態などにより全く異なります。また、防水業者によって、それぞれ独自の基準に基づいて値段を決めていますので、なかなか価格の相場というのは明言出来ません。

ただ、1坪あたり、3万3000円(1㎡で1万円程度)
これが、防水工事の価格相場だと覚えておいて下さい。
この金額で計画をしていけば、あなたが満足する防水を防水業者に施工してもらうことは十分に可能です。
しかも、この金額であれば、かなり良い防水工事になると思います。

この金額でなければいけないということではなく、「1坪あたり3万3000円」を最大としてそれ以内で考えて頂ければ十分だということです。もちろん、この金額以下の価格でも十分に良い防水工事を施工することは可能です。上限の価格相場がこれくらいだと頭に入れておいて下さい。

見積書で、1坪当たりの単価がこの金額以上になる場合には、もしかしたら、相場より価格が高いケースも考えられますので、判断の目安として下さい。

(注)もちろん、あなたのご要望内容や使用する材料や現在の防水層の状態などによっては、上記の目安(1坪あたり3万3000円)を超える場合もあります。あくまでも目安とお考え下さい。絶対値ではありません。

あなたは、防水をするための予算を必ず明確にしてください。

依頼

このページの先頭へ