見積書のチェックポイント

check

これだけは必ず押さえておいて下さい!

詳細なヒアリングと現場の現地調査の後、正式な見積書が出ます。

この見積書ですが、「総額いくら?」ということだけしかチェックしない方が少なくありません。正式な見積書を出してもらったら、最低でも下記のチェックをすることが大切です。

<「一式」という表現>
見積書の中に、「一式」という表現があったらチェックが必要です。
見積は、きちんとした価格の理由があって作成されています。
よって、「一式」という表現があった場合は、「一式と明記されている内容を教えてください」と業者に言って、きちんと内訳を説明してもらうことが大切です。 

<工法と見積書のチェック>
見積書は、既設の工法や現場の状況や予算によって最善の工法を選択しています。ですので、その工法があなたの要望にあったものかをチェックしてみて下さい。

<見積書に対する説明>
見積書を出してもらったら、必ずその見積書について説明を求めるようにすることが大切です。上記2点に注意して、きちんとした説明を受けることで、後でこんなはずじゃなかったという後悔や、お互いの考えのずれなどを未然に防ぐことが出来ます。

防水業界は、価格や相場が曖昧ではっきりしない業界です。ですので、防水業者も、曖昧なことを良しとして、「あまり知識のないお客様」や、「お金を取れるお客様」など、“お金を取れることろから取る”とい考えの防水業者が存在するのも事実です。

そのような、悪質な防水業者に、お金を必要以上に請求されないためにも、思ったことや疑問点はきちんと業者へ伝えることが本当に重要です。

依頼

このページの先頭へ