雨漏りを放っておくとまずい?

mazui

屋上や外壁などから雨水が侵入することで雨漏りが発生します。
放っておくと建物内部の金属類の錆や腐食、木材の腐敗が進行し、建物の価値を大きくさげてしまいます。また、カビの発生、繁殖を助長することもあり健康面にも決してよくありません。

雨漏りは、未然に防ぐことが大切です。建物が傷んでからでは、修理費用がかさんでしまいます。
すでに雨漏りが始まっている場合、早急に対処することをお勧め致します。

雨漏りの原因

雨漏りの原因で一般的に多いのは、屋上防水層や外壁の老朽化による雨水の侵入です。
屋上防水層のシートがめくれていたり、外壁にひび割れが入っていたり・・・
原因は様々ですが雨漏りが始まっている状況ではその原因をいち早く特定し、それに合った対処をすることが大切です。

放っておけば状況が悪くなる一方で修理費用も増すばかりでいいことは一つもありません。

雨漏りの現場は屋上から

ビルやマンションのなどの屋上は屋根が平らになっていることが大半です。
雨漏りがある場合、まずは屋上に水がたまっていないか確信して下さい。もしそれほど雨が降っていないのに屋上に水がたまっているようなら排水口を確認してみて下さい。

風で飛ばされてきたゴミや枯れ葉などが排水口に詰まって水が流れにくくなっていることがあります。
屋上の排水がしっかりしていれば水もたまりにくく、多少防水層が傷んで弱くなっていても雨漏りになりにくいですが、排水口が詰まって数十センチの水がたまっている場合、防水層が傷んで弱くなっている個所から雨水が侵入し雨漏りしやすくなります。

また、シート防水などの場合、防水シートは一枚でできている訳ではなく、つなぎ合わせて防水層を形成しているので老朽化が進むとつなぎ目部分から雨水が侵入することもあります。
全体的に老朽化が進んでいる場合は専門の防水業者を呼んで現地調査をしてもらうことをお勧めいたします。

当サイトに登録している防水業者は様々な雨漏りに対応できるスペシャリストです。どんな些細なことでもご遠慮なくお問合せ下さい。あなたの状況にあった防水工事業者をご紹介します。

依頼

このページの先頭へ