防水工事費用の賢い抑え方

osaekata

防水工事は元請業者、下請け業者、孫請け業者と中間業者が入ればその分工事費用も2~3割増しになることも少なくありません。その費用は工事の依頼者が払うことになります。また大手の防水業者も引き受けた工事を下請け、孫請けに工事を依頼している可能性も否定できません。

例えば一つの例として工務店に工事を発注した場合を考えてみます。
工務店は大工工事を得意とします。例えば、家の増改築などが代表的なものです。工務店は大工工事を自社で行い、クロス工事、電気工事、水道工事、防水工事などは下請けの業者に外注することが一般的です。

ですから工務店自らが防水工事を行う事はほとんどありません。
専門の防水工事業者に外注することになります。当然そこには中間マージンが発生し、おのずと工事代金も割高になることが予想されます。

防水工事1

工事を行う防水工事業者へ直接依頼することで本来支払う必要の無い中間マージンをカットできます。

防水工事無料見積センターは優良な防水工事業者を無料でご紹介いたします。

依頼

このページの先頭へ